無料相談等を活用しよう

後遺障害の等級は、主に1から14級まであります。上の級に行けばいくほど症状が重くなり、介護が必要になる症状もあります。その等級によっても受け取る保証金額が異なりますので、より上の金額で多くの金額を受け取れるためにも、弁護士に依頼した方が良い、と言えます。ただし、注意点としては100%増額できる保証はない、という点です。失敗する可能性もありますから、まず最初に『どのくらいの増額が(概算で)可能なのか』という点を、相談時に見積もってもらうことができるでしょう。その上で、依頼するかどうかを決めることができます。可能であれば、無料相談等を活用しましょう。

関連リンク「交通事故による後遺症の無料相談所|後遺障害認定アシスト」

他にも、症状によって、特定の等級に認められるかどうか、という点は微妙な場合があります。個人が後遺障害の認定を行っても認められませんでしたが、弁護士が介して行った場合認められた、というケースも多くあります。特に、むちうちのような症状は、確実に認めてもらう必要がある、と言えるでしょう。

仕事に支障が出る割合は、むち打ちの場合は少ない割合に設定されていますが、本人にとってはそれが重大な支障となっていることがありますから、事故後の手続き等に関しては、積極的に弁護士の助けを求めましょう。

依頼するメリットは大きい

まず弁護士に依頼することでの、具体的なメリットと言えば、『等級が得られる』という点です。例えば、むち打ちの場合正しい等級認定がされるかどうか、によって、得られる保障の金額が大きく異なります。その基準となるものに、『自賠責保険(会社)』による基準と、『弁護士』側の基準があります。弁護士基準で保障額を計算した場合、百万円以上も増額されることがあります。簡単に言えば、この弁護士基準で請求することができれば受け取ることができる保障額も大幅に上昇する、という点です。

弁護士費用として、受け取れる賠償額の少しを充てられるとしても、それでも大幅な上昇となることを考えれば、私達には多くのメリットがある、と言えます。弁護士基準で交渉・請求してもらうためにも、むちいちの等級認定においても、後遺障害に関する保障請求に関しては、弁護士に依頼することを強くお勧めします。

実際に、弁護士に依頼するのは手間があるのではないか、と思われる方もおられるかもしれません。しかし、実際に自分で保険会社と交渉を行って手続等を行う方が、よっぽど手間が掛かる、と言えます。弁護士に依頼すればそれらを弁護士の方法で行ってもらえますので、この点も大きなメリット、と言えます。

むちうちも後遺障害?

後遺障害と認定される症状にはいくつかの症状があります。特定の症状だけではなく、本来は見逃してしまうような症状も、いわゆる後遺障害として認められることもあります。逆に言えば、それが後遺障害であり、保障が受け取れるということを知らずに終えてしまった人もおられるかもしれません。

いわゆる「むちうち」は、後遺障害における等級の第14級として、認められることがあります。本来は見過ごしてしまう可能性がある、というのはそれが『むちうち』ということに気付かない場合もある、という点です。しかし、過去には実際に交通事故によってむち打ちに遭い、仕事を今まで通り行うのも難しくなってしまった人がいました。ですから、決して軽い後遺障害、とは言えません。

これをどのように請求するか、それが重要なポイントとなります。むちうちを後遺障害として認めてもらうには、まず診断書が必要です。その診断書の作成方法によっても、後遺障害の認定が変化する場合があります。それは個人が作成することも可能ですが、もっと確実な方法があります。それが、弁護士に依頼する、ということです。なぜそれを弁護士に依頼する方が良いのでしょうか。その具体的なメリットとはどのような点でしょうか。

交通事故におけるリスクとは

交通事故は全国的・統計的に見れば増加はしていませんが、質の悪い事故が増加していると言えます。それが、高齢者による交通事故です。本来運転は認知能力がはっきりしており、運転自体や判断が正常に行える人が行うべきです。高齢者も当然、免許を取得して長い年月運転を行ってきたのですから、本来は運転能力に関しても何ら問題は無いはずです。それに、高齢者には高齢者講習と言って、高齢になっても運転を行うための講習を受ける必要があります。

しかし、それならなぜ高齢者の事故が多発しているのでしょうか。それにはやはり、高齢者自身が自分の状態を把握できていない、ということが挙げられます。本来は自分に運転能力が無いとなった場合は運転免許を返還するべきですが、実際にそうしている人はどのくらいいるのでしょうか。高齢者で考えられない交通事故を起こす人は軽度、またはそれ以上の認知症を発症している場合があり、やはりその状態では、運転できる状態ではない、資格はない、と言わざるを得ません。

そのような社会の中で運転することは、当然私達にもリスクがありますが、単に「交通事故」に遭ってしまう、というリスクだけではなく、それ以上のリスクがあると言えます。それは、どのような点でしょうか。それは、『後遺障害』というリスクです。交通事故とどうしても切り離せないこの問題について考える時に、まずはその後遺障害が、どれほど重大な問題であるか、という点を取り上げる必要があります。