無料相談等を活用しよう

後遺障害の等級は、主に1から14級まであります。上の級に行けばいくほど症状が重くなり、介護が必要になる症状もあります。その等級によっても受け取る保証金額が異なりますので、より上の金額で多くの金額を受け取れるためにも、弁護士に依頼した方が良い、と言えます。ただし、注意点としては100%増額できる保証はない、という点です。失敗する可能性もありますから、まず最初に『どのくらいの増額が(概算で)可能なのか』という点を、相談時に見積もってもらうことができるでしょう。その上で、依頼するかどうかを決めることができます。可能であれば、無料相談等を活用しましょう。

関連リンク「交通事故による後遺症の無料相談所|後遺障害認定アシスト」

他にも、症状によって、特定の等級に認められるかどうか、という点は微妙な場合があります。個人が後遺障害の認定を行っても認められませんでしたが、弁護士が介して行った場合認められた、というケースも多くあります。特に、むちうちのような症状は、確実に認めてもらう必要がある、と言えるでしょう。

仕事に支障が出る割合は、むち打ちの場合は少ない割合に設定されていますが、本人にとってはそれが重大な支障となっていることがありますから、事故後の手続き等に関しては、積極的に弁護士の助けを求めましょう。