むちうちも後遺障害?

後遺障害と認定される症状にはいくつかの症状があります。特定の症状だけではなく、本来は見逃してしまうような症状も、いわゆる後遺障害として認められることもあります。逆に言えば、それが後遺障害であり、保障が受け取れるということを知らずに終えてしまった人もおられるかもしれません。

いわゆる「むちうち」は、後遺障害における等級の第14級として、認められることがあります。本来は見過ごしてしまう可能性がある、というのはそれが『むちうち』ということに気付かない場合もある、という点です。しかし、過去には実際に交通事故によってむち打ちに遭い、仕事を今まで通り行うのも難しくなってしまった人がいました。ですから、決して軽い後遺障害、とは言えません。

これをどのように請求するか、それが重要なポイントとなります。むちうちを後遺障害として認めてもらうには、まず診断書が必要です。その診断書の作成方法によっても、後遺障害の認定が変化する場合があります。それは個人が作成することも可能ですが、もっと確実な方法があります。それが、弁護士に依頼する、ということです。なぜそれを弁護士に依頼する方が良いのでしょうか。その具体的なメリットとはどのような点でしょうか。