依頼するメリットは大きい

まず弁護士に依頼することでの、具体的なメリットと言えば、『等級が得られる』という点です。例えば、むち打ちの場合正しい等級認定がされるかどうか、によって、得られる保障の金額が大きく異なります。その基準となるものに、『自賠責保険(会社)』による基準と、『弁護士』側の基準があります。弁護士基準で保障額を計算した場合、百万円以上も増額されることがあります。簡単に言えば、この弁護士基準で請求することができれば受け取ることができる保障額も大幅に上昇する、という点です。

弁護士費用として、受け取れる賠償額の少しを充てられるとしても、それでも大幅な上昇となることを考えれば、私達には多くのメリットがある、と言えます。弁護士基準で交渉・請求してもらうためにも、むちいちの等級認定においても、後遺障害に関する保障請求に関しては、弁護士に依頼することを強くお勧めします。

実際に、弁護士に依頼するのは手間があるのではないか、と思われる方もおられるかもしれません。しかし、実際に自分で保険会社と交渉を行って手続等を行う方が、よっぽど手間が掛かる、と言えます。弁護士に依頼すればそれらを弁護士の方法で行ってもらえますので、この点も大きなメリット、と言えます。